0566

動画で見る音声障害 ver 2.0(DVD-ROM)

著作:日本音声言語医学会
発売元:インテルナ出版
ISBN:978-4-900637-56-6
発行日:2018年9月28日

 

ソフト仕様
『動画で見る音声障害 ver 2.0』 DVD-ROM
声帯疾患動画66症例(MPEG-4形式、トータル24分)、声帯疾患音声58症例(MPEG-3形式、トータル47分)
病名検索、GRBAS 検索、GRBASドリル

 

『嗄声のサンプルテープ(CD)』 Audio CD
昭和56年に発売された「耳で診断する音声検査の手引き̶嗄声のサンプルテープ」と同じ内容です。

 

<動作環境>推奨CPU:Intel Core i3以上、AMD A10-5800K以上、推奨本体メモリ:4GB以上、推奨DVDドライブ:DVD読み込み8倍速
最新のブラウザを推奨。
Windows:Google Chrome、Internet Explorer、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、それぞれの最新版
Macintosh:Safari、Google Chrome、Mozilla Firefox、それぞれの最新版

 

<ご注意>
●推奨環境以下のPC 及び周辺機器の性能によっては、再生動画の逐次読み出しによる再生遅延・一時停止が発生する場合もあります。

●本DVDはPCで視聴下さい。家庭用DVD プレーヤーでは視聴できませんので注意下さい。

本体価格
¥8,500
税込み販売価格
¥9,180
在庫状態 : 在庫有り
数量

内容

・66 症例の貴重な映像と音声を「病名検索」「GRBAS 検索」「GRBASドリル」で学習!

・2005年の初版から症例を刷新して66症例の貴重な映像と音声を「病名検索」「GRBAS検索」「GRBASドリル」で学習!

・音声障害の診療や基礎研究に携わるものにとって、声を聴き、その声を出している器官の動きを見ることは必須である。本学会においては、嗄声をできるだけ共通の基盤において評価するために、GRBASによる聴覚印象評価を推奨してきた。聴覚印象による評価は、検者(評価者)が共通の言葉と共通の耳を持たなければならない。 声を聴けば、その声を出している機構が知りたくなる。つまり音声器官を目で見たくなる。本製品は、2005年に発売されたver.1.0の時代から、内視鏡の技術革新等により高精細の画像が得られるようになってきたことから、すべての症例(No.062変声障害を除く)をアップデートし、ver.2.0として結実したものである。