0535

改訂版 標準 読み書きスクリーニング検査(STRAW-R)

副題:─正確性と流暢性の評価─
著者:宇野 彰(筑波大学人間系 教授)
春原則子(目白大学保健医療学部 教授)
金子真人(国士舘大学文学部 教授)
Taeko N. Wydell(ブルネル大学 教授)
ISBN:978-4-900637-53-5
判型:A4判 48頁 2色刷
発行日:2017年8月31日

●「刺激・課題集」「記録・答案用紙」は別売りです。

本体価格
¥2,600
税込み販売価格
¥2,808
在庫状態 : 入荷待ち
入荷待ち

内容

STRAWの出版から11年ぶりの改訂となる改訂版STRAW-R は、小学1年生から高校3年生までの音読速度を調べることのできる速読課題や、漢字の音読年齢が算出できる漢字音読課題、中学生用の漢字単語課題などを加えて出版いたしました。本邦で唯一ひらがな、カタカナ、漢字の3種類の表記について比較できる検査であり、どの表記から練習したらよいのかの指標が得られます。さらに速読課題は文章課題を含んでおり、高校や大学入試で試験時間の延長を希望する際の客観的な資料となります。

●キーワード:STRAW 小学生 中学生 高校生 読み書き dyslexia ディスレクシア ディスレキシア 発達障害 宇野 彰 春原則子 金子真人 Taeko N. Wydell

目次

謝  辞
序  文

第1章 本検査の目的と特徴

第2章 各課題の特徴と構成
本検査の構成
1 音読の流暢性(速読)
2 音読と書取(聴写)の正確性
1)漢字126 語音読(小学1~中学2年生)漢字音読年齢の算出
2)音読・書取(聴写)―ひらがな1文字・カタカナ1文字
3)音読・書取(聴写)―ひらがな単語・カタカナ単語・漢字単語
(小学1~中学生)
3 RAN(Rapid Automatized Naming)
4 計算

第3章 実施方法および採点方法
一般的な留意事項
検査に必要なもの
1 音読の流暢性(速読)
2 音読と書取(聴写)の正確性
1)漢字126 語音読(小学1~中学2年生)漢字音読年齢の算出
2)音読・書取(聴写)―ひらがな1文字・カタカナ1文字
3)音読・書取(聴写)―ひらがな単語・カタカナ単語・漢字単語
(小学1~中学生)
3 RAN(Rapid Automatized Naming)
4 計算

第4章 作成過程および標準化
1 音読の流暢性(速読)
2 音読と書取(聴写)の正確性
1)刺激の選定と基準値の算出
2)信頼性の検討
3)妥当性の検討
3 RAN(Rapid Automatized Naming)
4 計算

第5章 本検査の用い方
1 検査の時期
2 基準値について
3 他の検査との組み合わせ
4 簡便な診断評価
1)発達性読み書き障害(発達性ディスレクシア)のスクリーニング
―音読速度と誤反応数から―
2)RAN(Rapid Automatized Naming) の用い方

第6章 症例の実際

第7章 聴覚法を用いた指導例
1 ひらがな,カタカナの読み書きの指導法
2 漢字書字の指導法

第8章 基準値

文 献